産業用ドローンの新しいスタンダード!DJI「Matrice300 RTK」の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本サイトを訪れている方々の多くは現在業務でドローンを活用していたり、今後ドローンを使ったお仕事を検討している、もしくは予定している人が多いことだと思います。

現在、ドローンはさまざまな用途で活用されており、身近なところから専門的な領域まで幅広いジャンルで活躍を続けています。それらの機体は産業用ドローンと呼ばれ、用途に応じた性能や装備を持った特化された機体となっています。

今回はそんな産業用ドローンの汎用プラットフォームとして、ドローン界の雄であるDJIが2020年にリリースした「Matrice300 RTK」について紹介していきたいと思います。

①「Matrice300 RTK」の飛行性能

この「Matrice300 RTK」は、前作「Matrice200」シリーズを大幅に進化させた産業用プラットフォームで、産業用ドローンの新スタンダード、と銘打たれた機体となっています。

汎用的なプラットフォームですので、あらゆる現場に対応できるよう非常に工夫されているだけでなく、機体の飛行性能や安全性そのものが非常に高いものとなっており、産業用ドローンに求められる信頼性、安全性の高さにしっかりと応えることができる機体と言って良いでしょう。

基本的なスペックとしてはまず注目したいのは、最大飛行時間が55分と非常にロングフライトが可能なこと。現場で長く活躍できる機体はそれだけで運用する側に安心感を与えてくれますし、バッテリー交換の手間なども省くことで効率よく撮影することができます。

また、飛行性能自体も非常に高く、最大効果速度は7m/s、運用限界高度は海抜7000m、風圧抵抗は15m/s、最大飛行速度も23m/sと厳しい環境下においてもしっかりと仕事をしてくれる設計となっています。

②「Matrice300 RTK」の産業用途向け機能

さまざまな領域や用途で活用するプラットフォームとして誕生した「Matrice300 RTK」は、その設計にも汎用性の高さを垣間見ることができます。

「Matrice300 RTK」では活用するシーンに応じて搭載する装備を変更することができます。機体下方にひとつジンバルを搭載してカメラを取り付けて空撮するパターンから、上方と下方にひとつずつジンバルを取り付けて橋桁などを下から調査したりするパターン、そして上方にジンバルをひとつ、そして下方にふたつジンバルを取り付けて、用途の異なるカメラ2つで空撮をおこなう、といったさまざまなパターンに対応できるようになっています。ペイロードに関しては最大で3つ、総重量で2.7kgまで装着することができますので、いろいろな装備を取り付けてミッションを遂行することができるでしょう。

また、この「Matrice300 RTK」にはライブミッション記録という機能が用意されています。これは、主にインフラ点検時に活用する機能なのですが、機体の動きやジンバルの向き、写真撮影、ズームレベルなど、飛行中のあらゆる動きを記録しておくことで、次回以降に自動点検に活用できるサンプルファイルを作ることができるもの。

さらに「AIスポット確認」機能を使えば、「Matrice300 RTK」に搭載されたAIが被写体を自動で認識してくれることで、次から自動で識別してズレのないフレームを確保してくれます。

「ウェイポイント2.0」を使えば、最大で65,535個のウェイポイントを作ることができ、それに沿った飛行と各ポイントでのペイロードの動作も設定しておくことができます。こういった機能を活用することも、ドローンを使うことで効率よく点検業務がおこなえることにつながるでしょう。

他にも、自動で被写体を追いかけるスマートトラックや特定の座標にいる被写体をタップするだけでマークできるピンポイント機能なども他社では真似できない機能と言えます。

③「Matrice300 RTK」の安全性能

産業用プラットフォームとして高い安全性能を求められることは言うまでもありませんが、「Matrice300 RTK」ではその高いハードルに対してしっかりとした解答を用意しています。

まず、特徴的なのデュアルビジョンセンサーとToFセンサーを機体の6面すべてに装備していることです。これによりあらゆる角度の障害物を検知できるようになっているだけでなく、その検知距離も最大で40mと非常に広くなっています。

また、この機体から導入された統合型状態管理システムにより、全システムの現在の状態や通知ログ、トラブルシューティングガイドなどが用意されています。もちろん、機体のフライトログや飛行時間、飛行距離などもすべて記録。機体そのものの手入れやメンテナンスに関してのアドバイスもしてくれるスグレモノです。

保護等級はIP45を誇り、事故発熱型バッテリーや衝突防止ビーコン、そして冗長性も持った機体システムにより、「Matrice300 RTK」は非常に安心して飛ばせる機体となっているのです。

④まとめ

今回はDJIの最新産業用プラットフォーム「Matrice300 RTK」について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?現在、ドローンが活用されている領域だけでなく、今後も多くのシーンでドローンが活用されることでしょうが、そういった際にこの「Matrice300 RTK」のような汎用的なプラットフォーム機が活躍するはずです。今後の「Matrice300 RTK」の動きに目が離せませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。