ビギナー必見! 初めてドローンを飛ばす際に気をつけたいチェックポイント10選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨今のドローンブームによって、ドローンオペレーターの人口は確実に右肩上がりで成長を続けています。
ホビーとしてだけでなく、産業用としても各分野で注目されているドローンは、今後も飛ばす人は増えていくことでしょうし、テクノロジーの進化によって「絶対墜落しない」といったようなドローンの登場もあるのではないでしょうか。

しかし、初心者からするとドローンは高性能で、かつ取り扱いが難しいものというイメージがあると思います。
そこで今回は初心者がドローンを飛ばす際に事前にチェックして欲しいポイントを厳選して10個紹介していくことにしたいと思います。

チェック1:航空法をしっかりと理解する

2015年12月に航空法が改正され、ドローンを含む重量200g以上の無人航空機は航空法の対象となりました。
改正航空法では許可なく飛ばしてはいけない場所と飛ばし方について明記しています。
飛行エリアについては下記のURLから確認することができます。

初心者の場合、事前の許可なしにおこなってはいけない飛ばし方はしないと思いますが、ちょっとしたトイドローンでも200gは簡単に超えてしまいますので、必ず事前に航空法の内容を理解しておく必要があります。
また、チェック3でも解説しますが、200g未満の機体でも、飛行させる際は十分に周囲の安全に配慮する必要があります。

改正航空法の概要。機体重量が200g以上の場合は、上記のAとBのエリア、および上記のような飛ばし方は事前の許可なくおこなってはならない。

※飛行エリアの確認はこちらから(国土地理院のWebサイトに飛びます)

http://www.gsi.go.jp/chizujoho/h27did.html

チェック2:必ず保険に加入する

ドローンを飛ばす際は万が一の場合に備え、必ず保険に加入するようにしましょう。
墜落により他人の家屋や自動車、もしくは人そのものに危害を与えてしまう可能性も十分にあります。

DJIの機体では購入時に保険に加入することができたり、付帯してきたりすることもあります。
また、それ以外のメーカーの機体を飛ばす際に便利なのは、日本ラジコン電波安全協会のラジコン操縦士に登録して保険料を支払うことでラジコン保険に加入することができます。
こちら歴史の長い制度になっており、信頼性も高く、手続きも簡単で価格もリーズナブルですので、加入をオススメします。
ただし、こちらのラジコン保険はビジネス用途では使用できないので注意が必要です。
詳しくは日本ラジコン電波安全協会のWebサイトをご覧ください。

※ラジコン保険についてはこちらから(日本ラジコン電波安全協会のWebサイトに飛びます)

https://www.rck.or.jp/operator/op_hb_insurance.html

日本ラジコン電波安全協会のラジコン操縦士に登録すると、ラジコン保険に加入することができる。万が一に備え、必ず保険には加入しておきたい。

チェック3:周囲の安全を十分に確認する

機体の電源を入れる前に、まずは必ず周囲の安全をよく確認することが重要です。
初めて飛ばす際の理想は、ラジコンクラブの飛行場でおこなうのが一番ですが、クラブへの加入が必要となります。
それ以外でも広い場所を見つけて飛ばすこともできますが、その際は必ずチェック1にある飛行可能エリアかどうかを確認してください。

初心者の場合、近くに民家や道路がある場所、もしくは人が多く集まっているような場所では絶対に飛ばさないようにしましょう。

ドローンを飛ばす際は周囲の安全に十分配慮する必要がある。近くに家屋や道路、そして人が多く集める場所では飛ばしてはならない。

チェック4:バッテリーをしっかりと充電する

ドローンは機体にバッテリーを搭載して飛ばしますが、このバッテリーによるトラブルが非常に多くなっています。
初心者の場合、一番多いのが、そもそもバッテリーが十分に充電されていないということです。
前回飛ばした後、充電したような…という曖昧な記憶で飛ばすと、最初は調子良くても上空であっという間に充電が切れ、墜落なんて場面を何度も見たことがあります。
これは非常に危険な行為ですので、しっかりと充電をおこなったバッテリーで飛ばすようにしましょう。

バッテリーの充電具合は見た目ではわからないので、バッテリーチェッカーを使って確認するか、不安ならばもう一度充電することをオススメする。

チェック5:プロペラはしっかりと取り付けられているか確認する

ドローンは飛行までに機体を組み立てたりするシーンは多くないですが、機体によってはプロペラを取り外して管理するものもあります。
そうなると飛行前にプロペラを取り付ける作業が発生しますが、このプロペラがしっかりと取り付けられていないと、上空で外れてしまい、その瞬間にドローンは墜落となります。
取り付け方法はさまざまですが、モーターを回転させる前にプロペラがしっかりと装着されているか確認するようにしましょう。

プロペラが取れてしまうとその場ですぐに墜落となってしまう。しっかり取り付けられてるか必ず確認すること。

チェック6:プロペラガードがあれば必ず取り付ける

小型、中型を問わず、最近のトイドローンはプロペラガードが付属していることが多いです。
しかし、面倒くさがってこれを取り付けずに飛ばしている人をよく見かけます。

たしかにプロペラガードがあるとケースに入らなかったりして、外したままにすることもありますが、安全性を考えてプロペラガードは必ず取り付けるようにしましょう。
これは人や物に危害を与えないだけでなく、機体自身へのダメージを防ぐことにもなります。

プロペラガードのある機体では必ず取り付けること。特にインドアで飛ばす際は壁にぶつかることがあるので、プロペラガードは必須となる。

チェック7:カメラからの映像が正しく映っているか確認する

機体によってはカメラからの映像を頼りに飛ばすFPVフライトが楽しめるものもあります。
しかし、この飛行はカメラからの映像が頼みとなります。
映像伝送の調子が悪かったり、カメラの角度が悪くて前をしっかり見ることができなかったりすると危険ですので、地上でしっかりと確認するようにしましょう。

カメラからの映像は飛行の際のひとつの頼みとなる。しっかりと映像が伝送されてきているか、ディレイはないか、向きは的確かを確認しよう。

チェック8:小型機は風にアオられないように注意する

重量200g以下の小型機は(周囲の安全に十分に配慮する前提で)どこでも飛ばすことができ、気軽に楽しめますが、小型なだけにパワーはあまりなく、屋外で飛ばす際は風向きと風量に十分注意する必要があります。
特に上空へ持っていくと風下へ向かってフラフラと移動してしまい、戻ってこれなくなる場合があります。

一概には言えませんが風速が1~2m以上の場合は200g以下の小型機を飛ばすには辛い環境になります。
十分に注意するようにしましょう。

小型機を屋外で飛ばす際は風向きと風速に注意すること。アオられると機体は戻ってこれなくなる。

チェック9:飛行後の機体各部をチェックする

ドローンを飛ばして無事に戻ってきたら、機体各部をチェックするようにしましょう。
特に欠けやすいプロペラやプロペラの取り付け部分は要チェックです。
また、着陸がハードランディングになった場合は、吊り下げられていることが多い、カメラとジンバルへのダメージがなかったかどうかも気になるところです。

万が一、不具合のある箇所があった場合はそのままにせず、メーカーに修理に出すなどして、万全の状態に戻すようにしましょう。

飛行後は必ず機体各部をチェックし、上記で不具合が発生していなかったかどうか確認すること。

チェック10:最初はドローンスクールなどで正しいスキルを身につける

最近では日本の各地にドローンスクールが開校されています。
こういったスクールの基礎コースに行くことで、ドローンを飛ばす上で最低限のルールやマナー、そして操縦のスキルを学ぶことができるはずです。

もちろん、学費はかかってしまいますが、ドローンスクールをうまく活用することで安全にドローンを楽しむことができるでしょうし、独学よりも絶対に早くスキルアップできます。
また、ドローンに関するさまざまな情報を得ることもできるはずですので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

ドローンスクールに通うことで、ドローンを飛ばすための基礎知識を得ることができる。ぜひ活用してもらいたい。

おわりに

気を付けたいチェックポイントのまとめ

  • 01:航空法をしっかりと理解する
  • 02:必ず保険に加入する
  • 03:周囲の安全を十分に確認する
  • 04:バッテリーをしっかりと充電する
  • 05:プロペラはしっかりと取り付けられているか確認する
  • 06:プロペラガードがあれば必ず取り付ける
  • 07:カメラからの映像が正しく映っているか確認する
  • 08:小型機は風にアオられないように注意する
  • 09:飛行後の機体各部をチェックする
  • 10:最初はドローンスクールなどで正しいスキルを身につける

これ以外にもチェックして欲しい項目はありますが、まずは必要最低限のチェック項目として10個を上げてみました。
ドローンを安全に楽しむためのものですので、ぜひこれらを活用して、楽しいドローンライフを送ってください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。