DJIの新製品が登場!史上最小3軸ジンバルカメラ「Osmo Pocket」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DJIは11月29日、世界一斉に新製品「Osmo Pocket」を発表しました。

この「Osmo Pocket」は、同社がドローンで培った小型カメラと3軸ジンバルの技術を結集した史上最小の小型3軸ジンバルカメラです。

「ポケット」という名前のとおり、ポケットにしまっておいて、いつでも取り出せて撮影できるコンパクトサイズ。

また、さまざまな機能を使って高画質できれいな映像を撮影することができるものとなっており、ガジェット好きだけでなく、アウトドア派や子どもの撮影を良くおこなう人にもオススメできそうな製品となっています。

今回はそんなDJIの新製品「Osmo Pocket」を見ていきたいと思います。

どこへでも持っていける驚きの小ささ

「Osmo Pocket」を最初に持ってみて驚くのはその小ささ

手のひらに収まってしまうほどの柄の先端に、3軸ジンバルとカメラが搭載されており、本体にはタッチパネル式の液晶画面まで用意されています。

実際に持ってみるとほとんど重さを感じさせない造りとなっており、コンパクトなのでポケットの中に入れても違和感がありません。

スマートフォンと接続すると両手持ちで使うようになりますが、スマートフォンなしならば片手で持ちながら被写体を追いかけて走ることもできます。

ハンドル部分は快適なグリップ感が出るように工夫されており、タッチパネルの反応も良好なので設定の変更や調整もスムーズにおこなうことができます。

注目の高性能カメラと3軸ジンバル

「Osmo Pocket」の3軸ジンバルはDJI史上最小とのこと。

小型化されたスタビライザーとブラシレスモーターの組み合わせで、常に傾きを補正する高いジンバル制御精度を実現しており、ブレのない美しい映像の撮影を可能にしています。

その3軸ジンバルに取り付けられているカメラは、1/2.3インチCMOSセンサーを搭載したハイスペックな小型カメラ。

80度の視野角とF2.0の絞りを搭載しており、100Mbpsの4K60fps動画1.55μmピクセルサイズの12MP静止画の撮影が可能です。

また、この「Osmo Pocket」は、単に小型の3軸ジンバルカメラというだけでなく、理想的な撮影をスマートにおこなうことができるさまざまな機能が用意されています。

次に「Osmo Pocket」に搭載されている豊富な撮影モードを紹介していきたいと思います。

手軽にさまざまな撮影を愉しめる豊富な撮影モード

「Osmo Pocket」には、「FPVモード」「アクティブトラック」「3×3パノラマ」「モーションプラス」「ナイトショット」という撮影モードが用意されています。

FPVモード

ユーザーの目線に合わせて動きを再現するモードです。
ジンバルの向きに沿って一人称視点の撮影をおこなうことができます。

アクティブトラック

DJIのドローンにも搭載されているもので、画面上で被写体をタップするだけでその被写体を捉え、自動でトレースしていきます。
動く被写体を撮影する時に便利なモードとなっており、セルフィーモードでは自動で自分の顔を捉え、画面の中央に自分の顔が来るように調整してくれます。

3×3パノラマ

カメラがパノラマ撮影を自動でおこなってくれるので、臨場感のある撮影が可能。
広く撮影したい光景に出会ったら、このモードの活用をオススメします。

モーションラプス

数時間分の映像を数秒の動画にすることができるもので、この「Osmo Pocket」特有のスムーズな動きで劇的な映像を残すことができます。

ナイトショット

これは夜間や低照度環境下での撮影時に、カメラが自動で暗いことを認識し、写真を明るめに調整して撮影します。
プロモードでは、さらに2~3秒の長時間露光撮影を三脚なしでおこなうこともできます。

撮影した動画や静止画をアプリで簡単編集!

「Osmo Pocket」を使って撮影した画像は、専用のアプリDJI Mimoで簡単に編集をおこなうことができます。

テンプレートやフィルター、音楽、ステッカーなどを使って動画のトーンを変えたり、静止画を加工してSNSなどで簡単にシェアすることができます。

また、アプリに搭載されているストーリーモードを使うと、あらかじめ設定されている撮影パターンとカメラワークを組み合わせて、まるでプロが編集したような動画を簡単に撮影することもできます。

まとめ

DJIのドローンテクノロジーから派生したカメラジンバル「Osmo」シリーズは、空撮だけでなく、地上で美しい映像を撮影したい人の夢を実現した画期的な製品です。

その「Osmo」を手軽に使うことができる「Osmo Pocket」は、3軸ジンバルカメラの常識を覆し、その有用性を広く知らしめることができる、画期的な製品となることでしょう。

手軽にプロのような映像を撮影できる「Osmo Pocket」。

ぜひ一度、実際に手に取ってみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。