ドローンの飛行ルールについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今では皆さんご存知のドローン。
市販のドローンも多く発売され、ニュースなどにも取り上げられるドローンですが、飛行ルールも存在します。

今回はその飛行ルールについて解説していきたいと思います。

飛行ルールの対象となる機体

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。

今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。

いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

飛行ルールの対象となる機体について – 国土交通省HPより引用

国土交通省 引用:http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000040.html

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

以下の(A)~(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について – 国土交通省HPより引用

  • (A)地表又は水面から 150m 以上の高さの空域
  • (B)空港周辺の空域 空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは 水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域
  • (C)人口集中地区の上空 平成 27年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空

 

※ 貴方が飛行させたい場所が人口集中地区に該当するか否かは、以下の 航空局HPを通じて御確認頂けます。 (http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

無人航空機の飛行の方法

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守っていただく必要があります。

    1. 日中(日出から日没まで)に飛行させること
    2. 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
    3. 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
    4. 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
    5. 爆発物など危険物を輸送しないこと
    6. 無人航空機から物を投下しないこと

上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

 

承認が必要となる飛行の方法

承認が必要となる飛行の方法について – 国土交通省HPより引用

 

ルールに違反したらどうなるの?

50万円以下の罰金が科せられますので、ご注意ください。

 

航空法の規制や罰金対象もありますので、ルールについて調べたうえで安全にドローンを活用していきましょう。
次は許可・承認の申請手続きの書き方や具体的な許可が必要となる空域などの調べ方について、詳しく説明していきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。