ドローンを活用したインフラ点検の進化と可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

産業用ドローンが多くの領域で活躍し始めているのは皆さんもよくご存知のことと思いますが、その中でも近年特に注目されているのが、インフラの点検分野におけるドローンの活用です。

日本の国土は山間部や峡谷が多く、その中を縫うように高速道路や鉄道、送電線などが網の目のように整備されています。

そういったインフラの中には既に建設から数十年が過ぎ老朽化が進んでいるものもあり、定期的な点検が必須です。

そういったインフラの点検に、なぜドローンが注目されるのか。

今回はこのテーマを深く掘り下げていきたいと思います。

ドローンを使ったインフラ点検のメリット

これまで人間の手でおこなってきたインフラの点検ですが、それをなぜドローンに置き換える動きが出てきているのでしょうか。

そこには、ドローンを活用することで多くのメリットが存在しています。

まず、コスト面です。

地方自治体の中には地域のインフラの点検が財政の重荷になっていることがあります。

特に地方の市区町村によっては、広大な面積の区域に山間部を抱えていて、そこを通る道路の維持にかなりのコストがかかっている…といった状況もよく聞く話です。

これまで、そういった橋梁やトンネルの点検もひとつひとつ人間の手でおこなってきました。

例えば橋梁の橋桁の点検は、人間の手で櫓を組んで下から丹念に打音と撮影をおこなって状況を確認し、適切な処置を施してきました。

しかし、ドローンを使えば下からではなく、橋梁の上の道路からドローンを橋桁の方へ潜り込ませ、撮影をおこなうことが可能です。

最近では上向きにカメラを設置したドローンで橋梁の下面を撮影することもでき、さらには打音によって測定をおこなうドローンまで登場しています。

ドローンを使うことで時間と労力を削減でき、結果的にコストを削減することができるのです。

これはドローンを使ったインフラ点検の大きなメリットのひとつでしょう。

安全性から見たドローンの活用

次に挙げられるのが安全性です。

先ほどの例ではありませんが、山間部にかかる橋梁の橋桁の点検と聞くと、いかにも危険度の高い作業だと想像できるでしょう。

また、山間部に設置された送電線の検査も、その危険性が簡単にイメージできてしまいます。

こういった人間が近づきにくい場所へ簡単に行けるのがドローンの大きなアドバンテージです。

ドローンにも墜落という危険性はありますが、少なくとも作業員が高所に登って点検するよりも安全であることは間違いありません。

もちろん、作業員の方々も万全を期して作業していることは重々承知ですが、それでも毎年さまざまな事故が耐えないと聞きます。

そういった状況を考えると低コストででき、しかも安全面でもメリットのあるドローンを活用しない手はありません。

同様に、街の地下に張り巡らされた下水道管の内部の点検にドローンを活用する動きも出てきています。

下水道管の中の点検は、衛生面や水難事故の可能性から危険なものとされており、ここでのドローンの活用が模索されています。

しかし、GPSがきかない地下であり、中には非常に狭い下水道管もあり、しかも暗闇の中という難しい環境なので、それに応じた機体の開発が必要になります。

しかし、これがうまくいくようになると、やはり安全という観点から見た場合、大きな進歩となるのではないでしょうか。

活用が期待される点検・検査

  • 山間部にかかる橋梁の橋桁の点検
  • 山間部に設置された送電線の検査
  • 下水道管の中の点検 など

インフラ点検用ドローンの進化

このようにドローンを使ったインフラ点検が多くのシーンで登場するようになると、それに応じて機体も進化をしてくるようになりました。

さまざまな現場に対応できるインフラ点検専用の機体が登場するようになったのです。

まず、先ほども紹介した上向きのカメラを搭載できるようにしたドローンの登場です。

これにより、下から飛んで行き、上にあるインフラの下面を撮影できるようになりました。

それまでの空撮では下向きの画像しか必要なかったのですが、インフラ点検では橋梁やトンネルの天井が上にありますので、これを撮影するための進化と言えるでしょう。

さらに、この上向きのカメラと同時に、機体の上方を警戒するセンサーが搭載された機体も登場するようになりました。

それまでは機体の上には何もなかったのですが、橋梁やトンネルだけでなくインドアでの飛行も視野に入れ、機体の上方向に衝突回避の警戒センサーを搭載する機体が現れたのも、インフラ点検という領域でドローンが活用されるようになったことがトリガーになっていると言えるでしょう。

また、これまで人間の手で点検していた際におこなっていた打音検査をドローンでおこなえるように整備した機体も登場しています。

打音と画像の両面から点検をおこなうことで、リアルタイムに双方のデータを地上に送り、その場で状況を確認していくことができます。

人間の手でおこなっていた作業をドローンに置き換えた典型的な例ではないでしょうか。

また、試作機として橋桁と橋梁の下面に張り付いて点検するドローンも開発されており、さまざまなアイデアによってインフラ点検用ドローンの進化は続いています。

最近では、前述したようなトンネル内部や下水道管の中の点検用にGPSなしでも安全に飛べるドローンの開発も進んでおり、ますますインフラ点検にドローンが活用されるようになることでしょう。

登場・開発中のドローン

  • 上向きのカメラを搭載できるドローンの登場
  • 機体の上方向に衝突回避の警戒センサーを搭載したドローンの登場
  • 打音検査をドローンでおこなえるように整備したドローンの登場
  • GPSなしでも安全に飛べるドローンの開発

まとめ

人間が近づきにくい場所へ簡単に飛んでいける、というドローンの最大の特徴を活かしやすいインフラ点検は、ドローンの可能性を飛躍的に高めてくれる大きなチャンスです。

今後、ますますインフラ点検でドローンが活躍するシーンを目撃するようになることでしょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。