2020年は物流元年!?最新ドローン物流事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドローンを活用してさまざまな課題を解決しようとする企業が多い中、特にここ最近注目を集めているのが物流領域です。ご存知のとおり、ECサイトの利用が進む中、物流業界はドライバー不足に陥っており、大手から中小の物流業者まで、深刻な担い手不足に陥っています。また、山間部や過疎地域など、物流網が整備しにくい地域を多く国土に抱える日本において、ラストワンマイルを届ける方法の構築は喫緊の課題ではないでしょうか。

そこで今回はそんな物流領域におけるドローンの活用について見ていきたいと思います。

ドローンを使った物流のメリット

まずはメリットから見ていきましょう。物流にドローンを活用することで、ひとつは効率面で大きな改善を期待することができます。これまで物流を支えてきたのはドライバー1人ひとりでした。しかし、物流領域におけるドローンの活用においては、ドローンは完全自動航行がベースとしてあり、そういった期待が開発されてきています。つまり目的地までの輸送に人が運転(操縦)しなくて済みます。これは大きなメリットといえるのではないでしょうか。

また、前述したように、山間部や離島、過疎地域においてドローンを使った物流網の整備は大きな役割を担いそうです。

ドローンは人が行きづらいところへ飛んでいけるというメリットがあります。日本はその国土の特徴から山間部や丘陵部が多く存在し、峠を越えながら物を届けたり、離島まで週に何便かの船に搭載して物資を送り届けたりしています。しかし、ドローンならばこれまで道がないところも飛んでいくことができ、物資を届けることができます。特に山間部や離島などで急病人が出た際に医療物資を送り届けたり、災害時に孤立してしまった地域に救援物資や通信手段を送ることもドローンならば可能です。

さらに、これまで人類が活用できていなかった低高度の空間を利用することができる、というのも利点のひとつとなります。低高度の空は渋滞もなく、法的な整備をおこなえば新しい活用が可能な空間となります。ここに空の道であるドローンハイウェイを整備する構想もあり、今後の動きが注目されるところです。

物流領域におけるドローンの課題

一方、まだまだ課題があるのも事実です。まず、ドローンの機体そのものの課題として、飛行時間が挙げられます。輸送のトラックは非常に長距離を走ることができますが、ドローンはまだまだ長距離飛行は苦手です。新しいテクノロジーを駆使して長時間飛行ができるようになってきましたが、長時間飛行を目指して大きなリポバッテリーを搭載すると、今度はペイロードが犠牲になってしまうという弱点があります。この点を解決すべく、エンジンとモーターのハイブリッドパワーユニットが開発されたりしていますが、飛行時間とペイロードについては、今後のテクノロジーの進化を待つ必要があるでしょう。

この問題は、同時に日本のあちこちにドローンのバッテリーを充電するドローンステーションのようなインフラを整備する必要があることにもつながってきます。どこでもバッテリーを充電でき、またさらに先の目的地に向かったり、自分の出発地へ戻ったりすることができるようにならない限り、長時間の輸送は現実とはならないでしょう。

また、メリットのところで紹介したドローンハイウェイのような空の道ですが、こちらも国をあげて整備していかなければなりません。いち民間企業がやったところで、全員がその道を使わない限り事故が多発するのは目に見えています。このあたりはUTMの領域でもあり、その整備は必須といえるでしょう。

さらに、現時点での機体では天候に左右されてしまう可能性があるところも注意点です。トラックなどでの輸送ではよっぽどの荒天や台風でない限り輸送することができますが、現在のドローンでは雨風の中で安心して自動航行させることができる機体は正直少ないでしょう。このあたりも新しい技術の発展を待つ必要があります。

まとめ

 

このようにドローンを使った物流はメリットデメリットがまだ混在するような状況です。しかし、ドローンを活用した物流網の整備は、少子高齢化を迎える日本において絶対に必要なことであり、ソフト、ハード双方での課題解決をおこなって、さらに環境整備が進んでいくことを期待したいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。