ドローンの機体の動きと操縦操作用語について解説してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ドローンの機体の動きと操縦操作用語について解説してみた

ドローンの動きにも用語がついているとみなさん知っていましたか?
みなさんはドローンが前後左右にふらふら動くドローンの動き・・・あのように動くのは何故と考えた事はあるでしょうか?
あの動きは独特で本当にUFOみたいな動きですよね。

今回は聞き馴染みのある「ピッチ」から「ロール」「ヨー」「上昇下降」など、ドローンの機体の動きの用語について簡単にまとめてみました。

ドローンの傾きと操縦操作用語

ピッチ – 前後の傾き

ピッチ

ドローンの前後の傾きを「ピッチ」と言います。前後にあるモーターの回転数を制御し、前後へ進むことができます。
また、この時の操作を「エレベーター舵を操作する」と言います。

 

ロール – 左右の傾き

ロール

ドローンの左右の傾きを「ロール」と言います。
ピッチが前と後ろに進む動作であった事に対して左右に進む為の動作です。エルロンと呼ばれる事もあります。ピッチと同じでモーターの回転数を制御して左右に機体傾ける事によって機体を左右に移動させます。
またこの時の操作を「エルロン舵を操作する」と言います。

 

ヨー – 左右の回転

ヨー

機体を上から見た時の左右の回転を「ヨー」と言います。
ヨーは対角線上にあるモーターを加速させる事によってその場で右旋回、左旋回を行います。この操作は前方を向いているカメラを被写体の方向に向ける上で重要な動作となっています。
またこの時の操作を「ラダー舵を操作する」と言います。

 

上昇下降 – 上下へ動作

上昇下降

ドローンを上下へ動かす事を「上昇下降」と言います。
スロットルと呼ばれる事もあります。ドローンを動かす際に必ず最初に行う動作で4つのモーターの回転を加速させる事によって機体が上昇します。下降の際は回転数を減らすことで、機体が下降します。
またこの時の操作を「昇降舵を操作する」と言います。

 

 

まとめ

今回はドローンの動きの用語についてでした。
ドローンは限られた場所でしか許可なく飛ばす事が出来ません。
趣味で飛ばしている方も仕事で飛ばしている方も正しい用語を身に着けて置くことは必要ではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。