ドローンを初めて飛ばす際に知っておきたい基本知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
女性がドローンを見て笑っている図

ここ数年のドローンブームを背景に「ドローンを飛ばしてみたい!」「ドローンで空撮ビジネスをしてみたい!」という声が多く聞かれるようになりました。

ドローンに興味を持ってもらい、飛ばす人が増えていくのは非常に良いことですが、一方でドローンについて正しい知識を持たず闇雲に飛ばしてしまい、危険な状況になってしまったという話を耳にするようにもなりました。
そこで今回は初めてドローンを飛ばす人にこれだけは知っておいてもらいたい必須項目を紹介していきたいと思います。
どれも基本的なことですので一度覚えてしまえばそのまま使えますので、ぜひ参考にしてみてください。

航空法を遵守する

2015年12月10日より、全備重量200g以上の無人航空機は航空法の対象となりました。

この無人航空機とはドローンはもちろん、ラジコン飛行機やラジコンヘリも該当します。
バッテリー等を積んで200g以上になる場合は航空法を守ったフライトをしなければなりません。

航空法では飛行してはいけない場所、してはいけない飛行の方法が明記されています。
場所は空港や国の重要施設周辺、人口集中地区、そして150m以上の空域に関しては飛行を禁止しています。

具体的にどこがその禁止区域になるのかは、国土地理院のWebサイトなどで確認することができます。

飛行禁止されている区域の図形

※国土交通省Webサイトより抜粋。

危険であると判断された飛行方法の図

※国土交通省Webサイトより抜粋。

※国土地理院地図はこちら
http://maps.gsi.go.jp/#8/35.561926/140.337103/&base=std&ls=std%7Cdid2015&blend=0&disp=11&lcd=kokuarea&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f0&d=l

次に禁止されている飛行の方法です。航空法では次のルールを遵守する必要があります。

  • 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  • 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  • 爆発物など危険物を輸送しないこと
  • 無人航空機から物を投下しないこと

上記のルールによらず飛行させる場合は事前に地方航空局長の承認を得る必要があります。

周囲の安全には十分に注意する

日没前までの飛行を厳守する男性三人の図

当たり前のことですが、飛行させる際は周囲の安全に十分に注意しましょう。

航空法の対象にならない200g未満の機体でも、人や物に当たれば非常に危険な凶器となってしまいます。飛行前に周囲の安全に十分に注意して飛ばすようにしましょう。

周囲の安全に配慮するのは何もアウトドアで飛ばす際に必要なわけではありません。
非常に軽量なトイドローンの場合、屋内でも十分に飛ばすことができますが、自宅のリビングなどで飛ばす際は家具や壁にぶつかることもあります。

狭いスペースだけにそういったところに当たるとアンコントローラブルになってしまいます。

屋内でも十分に安全に注意してください。

風に対しても注意が必要

青空とドローンの図

最近のドローンはGPSや各種センサーで自分で飛行していくことができ、定点保持(ホバリング)の性能も一昔前のドローンとは比べ物にならないほど高性能なものとなっています。

しかし、小型のトイドローンやGPSがない機体の場合、風には十分に注意する必要があります。
強風の中で飛ばすと、機体は舞い上がっていき、あっという間に制御が効かなくなり、行方不明になってしまうでしょう。
200g以下のトイドローンの場合、飛ばすのは微風までにしておいて、強風下では絶対に飛ばさないようにしましょう。

中型以上のGPS付きの機体でも風には十分注意してください。
風は1日の中でさまざまな方向に変化するだけでなく、上空では突風が吹いていたり、巻いていたりします。
機体が自分で姿勢を保ってくれるのを過信せず、流れてしまったら早めに手元に戻す操作が必要になります。

リポバッテリーは最新の管理を!

2つのドローン用リポバッテリーの図

現代のドローンはそのほとんどがリポバッテリーを動力源にして飛行します。このリポバッテリーは取り扱いを間違えると発火の可能性もあり非常に危険です。

まず、充電する際は専用の充電器を使い、充電時は目を離さないようにして何か不測の事態があった場合はすぐに充電をストップできるようにしましょう。
充電したまま寝てしまったり、外出するのは危険です。
リポバッテリーの事故の多くは充電時に起こっていることを知っておきましょう。

また、リポバッテリーは使っていると膨らみ始めるものがあります。これは内部で不具合が起こっている証拠ですので、決して使用しないようにしてください。
リポバッテリーの廃棄は、塩水に浸けて内部から気泡が出なくなったら住んでいる自治体で決められた方法で廃棄してください。決してそのまま捨てたりしないようにしましょう。

プロペラガードを装着する

安全対策のため、プロペラガードをつけて低空飛行するドローンの図

高速で回転するプロペラは非常に危険です。

機体によってはプロペラの周囲を覆うプロペラガードが発売されていますので、もしオプションであるようならば必ず付けるようにしましょう。
これがあると人や物に当たってしまった時でも直接プロペラが触れる可能性を低減でき、大きな損害や損傷になる可能性を低くすることができます。

機体によっては飛行する際に都度付けたり外したりする必要があり面倒に思うかもしれませんが、大事故につながる可能性を低くできますので、必ず使用するようにしましょう。

まとめ

ドローンを飛ばす際に知っておきたい基本知識いかがでしたでしょうか。
ドローンは安全に飛ばせば非常に愉しくさまざまな可能性を秘めたものです。

正しい知識で安全には十分に注意してさまざまな美しい空撮映像を撮影してみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。