続々登場! 2018年上半期注目の機体をプレイバック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年もあっという間に半分が過ぎてしまい、暑い季節がやってきました。

2018年の上半期は特にドローンについてホットなニュースが多く、当サイトでも多くの最新ドローントレンドを紹介させていただきました。
そんな2018年の上半期、さまざまな機体が次々と発表されたのも見逃せないポイントです。

そこで、今回はこの半年で発表、発売された注目に値する機体を厳選してお届けしていきたいと思います。

DJI「Mavic Air」

DJIの民生用ドローンで今年1番の注目はやはりなんといっても「Mavic Air」をおいて他にないでしょう。

人気機種「Mavic Pro」をさらにスマートにしたこの機体は、その登場とともに世界中で高い支持を集めました。
折りたたみ機構を採用し、優れた携帯性を有しているこの機体は、機首部分に3軸ジンバルと4Kカメラを搭載
100Mbpsの4K動画撮影に対応したハイスペックさは見事なもの。

また、直感的な操作ができるスマートキャプチャーを搭載しており、手の動きだけでドローンを操縦し、撮影をおこなうことができます。

さらに、小型機ながら3方向の障害物を検知することで、より安全で快適な飛行ができるようになっています。

手軽に本格的な空撮がいつでもどこでも可能な「Mavic Air」は、ますますドローンによる空撮の可能性を広げてくれた画期的な1機として、今後の活躍が期待される1機ではないでしょうか。

DJIの民生用ドローンで今年1番の注目の「Mavic Air」は人気機種「Mavic Pro」をスマートにした機体で登場とともに世界中で高い支持を集めた。

Ryze Tech「Tello」

毎月のように発売される新しいトイドローン。

小型でも安定してよく飛ぶ機体がとても増えている昨今ですが、Ryze Techの「Tello」の登場は、間違いなく2018年上半期ナンバーワンの衝撃ではないでしょうか。

DJIのテクノロジーを搭載したこの小型ドローンは、重量が80gと航空法の規制対象外となるほどのコンパクトサイズながら、DJI製のフライトコントローラーを搭載したことで、豊富なフライトモードを搭載
小型機にありがちなフラフラとした不安定感がまったくなく、非常に飛ばしやすい機体となっています。

また、「EZショット」機能を使えば、飛行操作が苦手な人でも美しい動画を簡単に撮影することができます。

さらに、初心者には嬉しい自動離着陸機能やビジョンポジショニングシステムによるスマートなフライトは見事なもの。

ドローンを使った空撮にチャレンジしたい入門者に、まさにオススメしたい1機と言えます。

DJIのテクノロジーを搭載した小型ドローン「tello」は、空撮にチャレンジしたい入門者に、オススメしたい1機。

Parrot「ANAFI」

フランスのドローンメーカー「Parrot」が送り出してきた最新作「ANAFI」も、2018年上半期の要チェックプロダクトのひとつでしょう。
DJIに押されっぱなしの印象だったParrotですが、このタイミングで起死回生の1機を発表してきました。

この「ANAFI」は、機首に4K21メガピクセルHDRカメラを搭載。

さらにジンバルが180度チルトするという独自の工夫を施しており、DJIの機体との差別化を図っています。

また、ロスレスズーム機能で最大2.8倍のズームを可能としており、解像度を損なうことなく、クローズアップすることができるのは嬉しいところです。

機体自体はアームを折りたたむことができるようになっており、付属のキャリングケースでコンパクトな形で持ち歩くことができます。
最大飛行時間も25分と十分なものとなっており、パワフルかつ安定した飛びで、美しい空撮映像を撮影することができるでしょう。

さらに、機体には人工知能が搭載されており、操縦者を追跡してきたり、空中で自動フレーミングアシストをおこなったりすることもできます。

いかにもParrotらしい美しいデザインも特徴的な「ANAFI」。どこまでDJIの牙城を崩せるか、楽しみな1機です。

フランスのドローンメーカー「Parrot」の最新作「ANAFI」は、ジンバルが180度チルトするという独自の工夫を施しており美しいデザインが特徴。

PRODRONE「PD8X」

日本における産業用ドローンメーカーとして有名なプロドローン。
そのプロドローンが、今年の5月にアメリカのデンバーで開催された「Xponential2018」で発表したのが、新しい中型のドローンプラットフォーム「PD8X」です。

この機体はダブルロータープラットフォームとなっており、大きなペイロードが必要となる測量機や物資の輸送などに使われることを目的として開発されたもので、ダブルローターが付いたアームは折りたたみができるようになっているのが特徴

可搬性、汎用性を高くし、さまざまなシーンで使うことができるように設計されています。

また、この「PD8X」には初期装備として衝突防止用のセンサーを搭載。
前方の障害物回避だけでなく、下向きに自己位置を検出するビジョンポジショニングシステムも搭載されているのも見逃せない部分でしょう。

さらに、パラシュートも標準装備となっていることで、万が一の際にも地上に大きな被害が出ないような安全設計になっています。

多くの領域でドローンが活躍する時代が迫っている中、この「PD8X」をベースとして、専門性の高い機体が次々と開発されていくのではないでしょうか。

日本における産業用ドローンメーカーとして有名なプロドローンが、今年の5月にアメリカのデンバーで開催された「Xponential2018」で発表した新しい中型のドローンプラットフォーム「PD8X」。

東京航空計器「GNAS SKY」

4月に開催された「国際ドローン展」で、東京航空計器から発表されたオリジナルドローンも上半期注目の機体ではないでしょうか。

この「GNAS SKY」シリーズは、このタイミングではシングルローターのものと、マルチコプタータイプの2機が発表されており、特にシングルローターのものは、最大で100km/hで飛行できるその速度と、最大5kgというペイロードを活かして災害救助時の物資搬送用として活躍が期待されます。

一方のマルチコプタータイプのものは可変ピッチの機体となっており、上空での外乱に強い設計が特徴。
動力源に電動だけでなく、ガソリンエンジンでも飛行も想定しているとのことで、こちらも注目されるポイントです。

東京航空計器から発表された「GNAS SKY」シリーズのシングルローターは、最大で100km/hで飛行できるその速度と、最大5kgというペイロードを活かして災害救助時の物資搬送用として活躍が期待さる。

まとめ

DJI「Mavic Air」
・優れた携帯性 / 100Mbpsの4K動画撮影に対応 / スマートキャプチャーを搭載

Ryze Tech「Tello」
・規制対象外となるコンパクトサイズ / 豊富なフライトモード / 美しい動画を簡単に撮影可能 / 空撮入門者におすすめ

Parrot「ANAFI」
・4K21メガピクセルHDRカメラを搭載 / ジンバルが180度チルトする独自工夫 / 解像度を損なわず最大2.8倍ズーム可能 / 付属のキャリングケースでコンパクトな持ち運び可能 / 美しいデザイン

PRODRONE「PD8X」
・ダブルロータープラットフォーム / アームが折りたたみ可能 / 可搬性、汎用性が高い / 衝突防止用センサーを搭載 / パラシュート標準装備

東京航空計器「GNAS SKY」
・「シングルロータータイプ」災害救助時の物資搬送用として活躍が期待 / 「マルチコプタータイプ」可変ピッチ / 上空での外乱に強い設計


ここで紹介したものだけでなく、さまざまな注目の機体が登場した2018年上半期。
今年の後半はどのような機体が登場するのか、考えるだけでワクワクして来ますね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。