ついにその姿を現した!DJIの最新小型ドローン「Mavic 2」発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DJIといえば、世界の70%以上のマーケットシェアを誇ると言われるドローン界の巨人であり、その発表は常に世界中のドローンオペレーターが注目しています。

そんなDJIが日本時間の8月23日遅くに、新製品「Mavic 2」の2ラインナップをリリースしました。

この機体はあの大人気折りたたみドローン「Mavic Pro」の後継機にあたるもので、機体各部をパワーアップさせての登場となります。

今回は、この全世界注目の最新ドローン「Mavic 2」の紹介をしていきたいと思います。

製品ラインナップ

今回、「Mavic 2」としてラインナップされたのは2モデルです。

ひとつは、昨年DJIが買収したハッセルブラッドのカメラを搭載した「Mavic 2 Pro」

もうひとつは、光学2倍ズームが可能なカメラを搭載した「Mavic 2 Zoom」です。

機体自体は同一のもので、取り付いているカメラが異なるモデルと理解すればいいでしょう。

気になる価格は、「Mavic 2 Pro」税込189,000円「Mavic 2 Zoom」税込162,000円となります。

ハッセルブラッドが開発した1インチCMOSセンサー搭載のカメラが特徴の「Mavic Pro 2」。

光学2倍ズームに対応したカメラを搭載した「Mavic 2 Zoom」。機体は共通の仕様となっている。

機体スペック

機体は前作同様、4本のアームを折りたたみすることができる形となっており、持ち歩きに便利そうです。

機体のスペックは以下の通りです。

Mavic2の機体のスペック表

機体サイズは前作の「Mavic Pro」よりやや大きくなっており、重量も増加しています。

この重量の増加は、搭載されているリポバッテリーが3セルから4セルに上がっていることもあり、重量増以上にパワーが増加していることになります。

さらに、飛行時間も従来の約27分から31分に延長され、より現場でも使いやすい機体になっていることは間違いありません。

そして、今回の「Mavic 2」で最も注目すべきポイントは「全方向障害物検知」システムが搭載されたことでしょう。

前方と下方、後方にはデュアルビジョンシステム、左右にはシングルビジョンシステム、上方には赤外線検知システムを搭載。

これを活用して、APASと呼ばれる機体の前後にある障害物を回避しながら、適切な飛行経路を自動で計画して飛んでいきます。

これにより、初心者でも安心して飛ばすことができるのではないでしょうか。

また、機体を折りたたんだサイズは500mlのペットボトルほどになりますので、持ち運びは非常に簡単。

気軽に外に持ち出せるサイズが嬉しいですね。

機体は前作同様折りたたんでコンパクトなサイズに変形させることができ、持ち運びに便利な設計となっている。

カメラスペック

カメラは前述した通り、ラインナップによって搭載されているものが大きく異なります。

まず、「Mavic 2 Pro」に搭載されているカメラですが、こちらは昨年DJIが買収した老舗カメラメーカーであるハッセルブラッドが開発した、20MP1インチCMOSセンサー搭載の高性能カメラが取り付けられています。

このカメラは絞り調整がF2.8~F11の間でできるようになっており、10-bit Dlog-Mカラープロファイルに対応

10bitHDR動画の撮影が可能で、超高画質のカメラとなっています。

また、ISO上限値が3200から12800まで一気に引き上げられているのも特徴です。

一方、「Mavic 2 Zoom」の方は、光学2倍ズームレンズ(24mm~48mm4)を搭載しており、デジタルズームと合わせることで最大4倍までズームできる仕様となっています。

このカメラには、1/2.3インチ12MPセンサーを搭載しており、広角から中望遠の撮影まで、あらゆる撮影において、さまざまな選択肢をユーザーに提供してくれます。

また、実際に使ってみると、その素早いフォーカスはドローンオペレーターに、かつてない快感を与えてくれることでしょう。

さらに、9枚の写真を撮影し合成することで48MPの超解像度写真に仕上げてくれる機能など、さまざまな要素を盛り込んだカメラとなっています。

「Mavic 2 Pro」のカメラは、昨年DJIが買収した老舗カメラメーカー「ハッセルブラッド」が開発したもの。1インチCMOSセンサーを搭載した本格派モデルとなっている。

Mavic 2 Proの機能的特徴まとめ

  • 絞りF2.8~F11
  • 10-bit Dlog-Mカラープロファイルに対応
  • 10bitHDR動画の撮影が可能
  • ISO上限値12800

「Mavic 2 Zoom」に搭載されたカメラがこちら。光学2倍ズームレンズ(24mm~48mm4)を搭載しており、デジタルズームと合わせることで最大4倍までズームできる。

Mavic 2 Zoomの機能的特徴まとめ

  • 光学2倍ズームレンズ(24mm~48mm4)搭載
  • 1/2.3インチ12MPセンサーを搭載
  • 9枚の写真を撮影し合成することで48MPの超解像度写真に仕上げてくれる機能等の豊富な機能あり

その他の特徴

この「Mavic 2」には「ハイパーラプス」という機能が付いており、ボタンをタップするだけで、機体が自動で安定した飛びをして、映像を自動で処理します

「フリー」のほか、「サークル」「コースロック」「ウェイポイント」など使い分けることで、簡単に美しい風景を撮影することができるでしょう。

また、好評だった「OcuSync」が「OcuSync2」となって戻ってきているのも大きな特徴です。

これにより、最大伝送距離が8km(日本は5km)、1080p動画伝送に対応し、高速伝送かつ低遅延のデジタル動画伝送システムが搭載されています。

さらに、人気のフライトモード「アクティブトラック」も、「アクティブトラック2.0」となっています

さらに向上した追尾性と軌道予測機能、そして高速トラッキングや障害物回避が強化されるなど、ますます理想とする美しい空撮を楽しむことができそうな装備となっています。

まとめ

このように、世界が注目する1機だけあり、業界は早くもその魅力に取り付かれています。

このスペックからみるに「Phantom 4 Pro」からの置き換わりも相当数出てきそうです。

高い飛行性能と安全性を兼ね備えた「Mavic 2」。このスペックからすると、「Phantom 4 Pro」からの置き換えが始まるのではないだろうか。

気軽に持ち出せて、本格的な撮影ができる「Mavic 2」をぜひチェックしてみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。