DJIが新型ドローン「Mavic Air 2」を発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DJIは4月28日に折りたたみ式の小型ドローンシリーズ「Mavic」の最新機として、「Mavic Air 2」を発表しました。よりスマートに、より高画質でオリジナリティ溢れる動画を撮影できるこの最新機について、早速紹介していきたいと思います。

イメージング性能と豊富な撮影モード

まず、なんといっても注目は搭載されているカメラです。1/2インチイメージセンサー搭載のカメラは48MPの静止画と4K/60fpsかつ120fpsの動画に対応した非常に高性能なもの。さらに、露出の異なる7つの写真を自動で撮影し、それらを合成し、非常にダイナミックな映像に仕上げるHDR写真や、夕焼け、青空、草地、雪、森林の5つのシーンカテゴリーを機体が認識し、最適な設定で色彩やディテール、色調を調整してくれるシーン認識、さらにハイパーライトといった機能を統合したスマートフォト機能も搭載。3軸モーター搭載のジンバルによって、カメラのブレを補正し、常に安定したスムーズな撮影ができるようになっています。

また、DJIのドローンの中でも最先端のHDRパノラマモードや、高速で移動する被写体を追いかけて撮影するアクティブトラック3.0、ユーザーがドローンを自由に操縦してもカメラはフレーム内で被写体を捉え続けるスポットライト2.0、特定の被写体の周辺で自動化された飛行経路を設定できるPOI(ピントオブインタレスト)3.0といったフォーカストラック機能も非常に充実しています。

さらに、「Mavic Air 2」には8Kハイパーラプスも搭載。時間を圧縮したような早送りの不思議な映像も、フリーだけでなく、サークル、コースロック、ウェイポイントといったモードを選ぶことで、いとも簡単に撮影することができます。

他に、DJIドローンに多く搭載されているクイックショットも豊富に用意されています。この「Mavic Air 2」には「ドローニー」「サークル」「ヘリックス」「ロケット」「ブーメラン」「アステロイド」の6種類のクイックショットがあり、自分だけのオリジナリティ溢れる撮影をおこなうことができるでしょう。

飛行性能と安全性能

ドローンですのでカメラの性能だけが良くてもいけません。「Mavic Air 2」は、小型ドローンとは思えないほど高い飛行性能と安全性能を有しています。

まず、飛行性能で注目は飛行時間の長さでしょう。最大34分ものロングフライトを実現しており、さらにスポーツモードでは最大で68km/hもの高速飛行ができます。

また、DJIの画像伝送システムであるOcuSyncも2.0に対応しており、1080pFHD動画を日本では最長で6kmの距離で実現。カメラからの美しい映像を見ながら空撮をおこなうことができます。

一方、安全性能については、APAS3.0という高度操縦支援システムを搭載。これは機体が進路上の障害物を発見した際に、その障害物の周辺や上下に自分で新たな経路を見つけて回避しながら飛行するものです。これにより、複雑な環境での飛行においても、ユーザーは撮影に集中することができます。

さらに、「Mavic Air 2」には、前方と後方にビジョンセンサー、そして下方にビジョンセンサーと赤外線センサー、そして補助ライトを搭載。前後の障害物を検知しながら飛行できるだけでなく、下向きのセンサーによって自動離着陸も非常にスムーズにおこなうことができます。

まとめ

早くも世界中で注目を集めている「Mavic Air 2」。ラインナップは2種類あり、Mavic Air 2には、Mavic Air 2本体、バッテリー1個、送信機、必要な配線一式を含む標準パッケージ105,600円(税込)と、標準バージョンの全品目に加えてショルダーバッグ、NDフィルター、充電ハブ、バッテリー3個を同梱したFly Moreコンボ132,000円(税込)となっています。

非常にスマートで高性能な「Mavic Air 2」。2020年はこの機体の動向から目が離せなくなりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。