超高性能空撮ドローン! DJI「Mavic Air 2」の魅力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2020年上半期のドローン業界はコロナの影響がありながらも多くの話題が出て、相変わらずの活況ぶりを見せてきました。産業用、一般向け、双方から大きなニュースが続出したこの上半期ですが、その中でもDJIの新作空撮ドローン「Mavic Air 2」は世界的に大きな話題になりました。

今回はそんな注目すべき新型ドローン「Mavic Air 2」について、その人気の秘密を紹介していきたいと思います。

「Mavic Air 2」の空撮性能について

この「Mavic Air 2」は、前作「Mavic Air」をさらに昇華させて、よりスマートに理想的な空撮をおこなうことができるよう設計された空撮用のドローンとなります。他の「Mavic」シリーズと同様、4本のアームを折りたたむことができる設計となっており、コンパクトにしてカバンの中に入れて持ち歩くことも容易です。そのため、アウトドアで活動する際はこの「Mavic Air 2」を携帯し、出先での偶然の出会いをしっかりと記録に残すことも可能です。

そんな「Mavic Air 2」ですが、小型のドローンとは思えないほど優れた空撮性能と飛行性能を持ち合わせています。まず空撮性能ですが、機首部分に3軸のメカニカルジンバルを装備。そのジンバルには1/2インチCMOSセンサーを搭載した小型の高性能カメラを装備しており、このカメラで美しい風景を空撮することが可能です。

「Mavic Air 2」に装備されているカメラの性能としては、動画が4K/60fpsでの撮影に対応し、静止画にいたっては48MPもの画像を撮影することができます。細部まで鮮明に映し出されたその美しさは、とてもドローンで撮影した映像や画像と思えないほどのものです。

さらに、「Mavic Air 2」には新機能であるスマートフォトが搭載されています。この機能は、撮影する画像を最適なものとするため、シーン認識、ハイパーライト、HDRを1つのモードに統合し、それぞれのシーンに応じてカメラパラメータを「夕焼け」「空」「草地」「雪」「森林」の5種類のカテゴリーで最適化するもの。実際にそのまま撮影した画像とスマートフォトを有効にした画像では美しさがまったく異なり、その性能の良さを垣間見ることができます。

また、「Mavic Air 2」はパノラマモードも従来の機体より大きく進化しています。ドローン周囲の全景を1枚に収めるパノラマモードに、この「Mavic Air 2」では新しくHDRパノラマが用意され、さらに洗練された美しいパノラマ画像を撮影可能です。

もちろん、この「Mavic Air 2」にもDJIがこれまでのドローンで培ってきたインテリジェント撮影モードが搭載されており、オリジナルの映像を簡単に撮影することができるだけでなく、動く被写体を捉えながら撮影するフォーカストラック機能も用意されているため、あらゆるシーンにしっかりと対応できる性能を持ち合わせています。他にも、クイックショットや8Kタイムラプスなど、空撮性能に関してはこれでもか!というほど、豊富な機能が用意されています。

「Mavic Air 2」の飛行性能と安全性能

一方、「Mavic Air 2」の飛行性能とそれに伴う安全性能はどうでしょうか?まず、小型ドローンで気になるのは飛行時間ですが、「Mavic Air 2」では効率的なパワーソースとリポバッテリーの活用により最大で34分のバッテリー駆動時間を確保。これだけあれば、出先でバッテリー不足に陥ることで撮影機会を逃すこともないでしょう。また、よりパワフルになったスポーツモードでは最大で68km/hものスピードを出すことができますので、速く動く被写体の撮影も容易に追従できます。

また、安全面では機体の前方、後方、下方の3方向に周囲の状況を把握できるセンサーを搭載。下方には補助ライトも装備し、着陸時の視認性を向上させることで安全な離着陸ができるようになっています。さらに、障害物は認識するだけでなく、APAS3.0と呼ばれる高度操縦支援システムを搭載。これにより、障害物を機体が自分で考えて回避行動をおこなってくれるので、FPVでのフライト時を含め、安全性がさらに向上しています。

さらに、「Mavic Air 2」のカメラが捉えている映像を動画伝送する「OcuSync2.0」は、最大で6km(海外製は最大10km)もの距離を1080pFHD解像度の映像でライブ配信してくれます。クリアな映像を見ながら自分の理想的な画角で空撮をおこなうことが可能です。

まとめ

今回はDJIの最新作である「Mavic Air 2」について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?ドローン初心者からベテラン、そして映像のプロまで、幅広い層にオススメできる多機能さを持った「Mavic Air 2」は、今後の空撮ドローンの可能性を大いに感じさせてくれる1機です。よりスマートに、よりアクティブに空撮を楽しめる「Mavic Air 2」をぜひ体感してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。