DJIの最新折りたたみ式超小型ドローン「Mavic Mini」に注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

DJIは日本時間の10月31日に空撮用ドローン「Mavic Mini」を発表しました。人気の折りたたみ式ドローンシリーズである「Mavic」の最新作であるこの機体は、「Mini」の名前の通り、非常にコンパクトなサイズとなっており、しかも高性能なカメラと飛行性能を持ち合わせているドローンとなります。今回はこのDJI「Mavic Mini」について紹介していきたいと思います。

199gの日本特別モデル!

今回の「Mavic Mini」で、DJIとして初となる日本特別モデルが発表されました。これは日本の航空法が200g以上の機体を規制の対象としているものに対しておこなった対策で、海外モデルが250gなのに対して、日本特別モデルはバッテリー容量を小さくすることで199gという規制対象ギリギリの重量に設計されています。

これにより、「Mavic Mini」は航空法の対象にはなりませんが、もちろん飛行させる際は周囲の安全を十分に注意し、ルールとモラルを守って飛ばすようにしてください。

高性能カメラと3軸ジンバル

この「Mavic Mini」には3軸ジンバルが搭載されているので、常に安定した映像を撮影することが可能です。これまで超小型機といえば、機体に内蔵されているか、せめて2軸のジンバルとなっていました。しかし、この「Mavic Mini」ではついに3軸ジンバルを採用し、超小型ドローンで美しい空撮を実現しています。

また、その3軸ジンバルに搭載されているカメラは、1/2.3インチCMOSセンサー搭載のもので、超高画質な映像を撮影することができるようになっています。動画は2.7K30fpsや1080p/60fps動画に対応しており、12MPの静止画も撮影することができます。

豊富なクイックショット

「Mavic Mini」には、DJIのこれまでのドローン同様、クイックショット機能が搭載されています。これにより、複雑なカメラワークをボタンひとつで撮影することができ、他の映像とは一味違ったクリエイティビティ溢れる映像を残すことができるでしょう。

具体的に、「Mavic Mini」には4種類のクイックショットが用意されています。まず、「ロケット」は高度制限を設定し、カメラを真下に向けて被写体を捉えたまま真上に上昇する撮影方法で臨場感溢れる撮影ができそうです。次に「サークル」は、一定の高度と一定の距離で被写体の周囲をグルグルと周回するもの。「ドローニー」は高度制限を設定し、被写体を捉えたまま、後方に飛行しながら上昇していく撮影方法。最後に「ヘリックス」はやはり高度制限を設定し、渦巻のように被写体の周囲を旋回して上昇していきます。本来ならば相当な操縦スキルがないとできないような撮影も、いとも簡単におこなえてしまうところが「Mavic Mini」のすごいところではないでしょうか。

高い飛行性能

この「Mavic Mini」は最大で18分もの飛行時間を実現しています。日本特別モデルはバッテリー容量が少ないので飛行時間に懸念がありましたが、これならば普段使いではまったく問題ないでしょう。超軽量設計とDJIが開発したパワフルなモーターの組み合わせで、超小型ドローンではかなり長い飛行時間を確保したのではないでしょうか。

さらに、注目の飛行制御システムでは、GPSレシーバーと下方ビジョンセンサーによって、屋内外問わず安定したホバリングができるようになっています。もちろん、軽量かつ小型の機体ですので強風下の飛行はできませんが、ある程度の風までならばしっかりと姿勢と定点を保ってくれることで、安定した映像を残すことができるでしょう。

新型アプリ「DJI Fly」

「Mavic Mini」を操縦するためには、スマートフォンに専用のアプリをインストールする必要があります。今回登場した「DJI Fly」アプリは、ターゲットが初心者ということもあり、アプリ内にさまざまなチュートリアルが用意されています。また、アプリ内で映像や画像の編集も可能で、それをSNSなどでシェアすることも簡単にできます。使いやすいUIで、直感的に理解できるので安心して使うことができそうです。

ラインナップと価格

 

「Mavic Mini」のラインナップと価格ですが、機体、プロポ、バッテリーが付属したスタンダード版は46,200円(税込)となっています。また、360度プロペラガードや予備バッテリーが付属したフライモアコンボも用意されており、こちらは59,400円(税込)となります。性能の割には非常にリーズナブル、と言うことができるのではないでしょうか。

まとめ

DJIの久々の民生用ドローン「Mavic Mini」ですが、早くも世界的に話題となっておりその注目度の高さを伺うことができます。特に日本においてはDJIの高性能ドローンが200g未満で発売になるというインパクトは大きく、小型ドローンのマーケットをこの機体が引っ張っていくのは間違いないでしょう。ぜひ一度、「Mavic Mini」を体験されていはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。