注目の新型機DJI「Mavic Mini」のここをチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界が注目するDJIの新型機「Mavic Mini」。超小型軽量ながら高画質での空撮ができ、しかも日本仕様は199gと、航空法の対象にならないため、より気軽に楽しめるこの機体は、発表されてからドローンの話題を独占している感さえする機体となっています。今回はそんな「Mavic Mini」の細部を見ていきたいと思います。

とにかく小さいDJI「Mavic Mini」

折りたたんだ状態で手のひらに乗せてみると、驚くほど軽く、しかも携帯性抜群なことが分かります。これで同サイズのドローンとは比べ物にならないほどきれいに空撮ができるのですから、注目されるのを分かるはずです。

ご覧の通り、機体重量は199gと、航空法の対象となる200gをギリギリ割っている状態です。DJI初となる日本仕様機となっており、海外製は250g。この重量差は、リポバッテリーの容量を減らすことで200gを切ることに成功しています。

小型ながら超高性能なカメラを装備

「Mavic Mini」に搭載されているカメラは、1/2.3インチCMOSセンサー搭載の高性能カメラで、超高画質な映像を撮影することができるようになっています。動画は2.7K30fpsや1080p/60fps動画に対応、さらに12MPの静止画も撮影することができます。

従来の小型ドローンと異なるのは3軸ジンバルを搭載している点です。これにより、ブレのないきれいな空撮映像を撮影することが可能となっています。小型の機体に3軸ジンバルが搭載できるとは驚異的なことではないでしょうか。

その他の装備もチェック!

日本仕様は容量を減らすことで199gという超軽量を実現しています。リポバッテリーはこのように機体後方から差し込んで機体に搭載します。

機体の底部には、下方ビジョンセンサーを搭載。GPSが入らない屋内でも安定した飛行をこのセンサーが実現します。特に小型機ですので、屋内での活躍も想定されるだけに、こういった機体制御系の機能がしっかり用意されていることは非常に嬉しいことではないでしょうか。

専用のプロポは小型なものとなっており、下部にスマートフォンを搭載して使用します。スマートフォンには一新された飛行アプリ「DJI Fly」をインストールしておけば、機体からの映像を見ながら飛行することができます。

こちらがDJI「Mavic Mini」のスタンダード版で価格は46,200円。なお、スマートフォンは付属しません。

こちらは機体、プロポ、リポバッテリー以外に360度プロペラガードや予備バッテリー、機体を入れるケースなどが付属したフライモアコンボとなっており、価格は59,400円となっています。

注目のDJI「Mavic Mini」でしたがいかがでしたでしょうか?ついに空撮ドローンも200gを切る時代がやってきました。これからもドローン業界に革新的な機体が登場した場合は、このようなレポートをお送りしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。