小型空撮ドローンの決定版!DJI「Mavic Mini」を徹底分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日、当サイトにおいて「ドローンの小型化」について書いたところ、さまざまな方面から大きな反響を呼びました。特にその中で紹介したDJI「Mavic MIni」に関する質問が多く、登場から半年以上経過した現時点でも、まだこの機体の支持は非常に高いものがあることがわかりました。

そこで今回はDJI「Mavic Mini」について、さらに深掘って紹介していきたいと思います。

199gの衝撃

2019年10月、DJIが小型ドローンを発表するということで、発表会は熱気に包まれていました。そしてそのベールが明かされると、「Mavic Mini」の情報はあっという間に伝播。驚異的な性能と、その小型化に対する賛辞が四方八方から寄せられました。

やはり一番の衝撃は199gという軽量な仕上がりでしょう。日本においてこの数字は非常に大きな意味を持ちます。というのも、航空法で規制の対象となるのが200g以上の飛行重量を持つ機体だからです。この「Mavic Mini」は航空法の対象とならないため、より手軽に飛ばすことが可能です(もちろん、安全には十分に注意しなければなりませんし、法律は遵守する必要があります)。

実はこの199gは日本の航空法を狙って作った数字です。というのも、「Mavic Mini」の他国向け製品はもっと重く(249g)、この199gは日本オリジナルの仕様なのです。これまで、DJIがローカル向けに製品をカスタマイズした例はあまりなく、それだけで事の大きさが分かるはずです。

これは主にリポバッテリーの容量を減らして重量を合わせにいったようです。しかし、容量を削ったからと言って飛行時間は最大で18分とキッチリ確保されていますので、その点は安心。むしろ航空法の規制対象外のメリットが大きすぎて、飛行時間など気にならないほどです。

小型ながら高い空撮性能

もうひとつ大きな注目を集めたのが超小型ドローンながら高い空撮性能を持っていたことでしょう。カメラは12MPの静止画と2.7KクアッドHD動画の撮影に対応しており、しかも小型ながら3軸モーター搭載のジンバルに取り付けられているため、カメラは非常に高い安定性を有しており、理想的な空撮が楽しめるはずです。ジンバルとカメラの構造はよく見ると非常に精密なもので、これまでドローンだけでなく、Osmoシリーズなので培ってきた小型化の技術を惜しみなく投入しているのが分かります。

また、DJIが誇るクイックショットについても「ドローニー」「ロケット」「サークル」「ヘリックス」といった撮影方法を簡単に選ぶことができ、オリジナルの空撮動画を気軽に撮影することができます。また、最大2kmまでHD動画伝送が可能なので、FPVフライトで「Mavic Mini」の視点で飛ばすことも可能です。

DJIの技術を集約した飛行性能

もちろん、こういった高性能なカメラやジンバルがあっても、機体が安定して飛んでくれなくては美しい空撮をおこなうことはできません。一般的に、ドローンは小型になればなるほど安定感を失います。しかし、「Mavic Mini」ではビジョンセンサーとGPSを活用することで、素晴らしく安定したホバリングを実現しています。これにより外乱に強く、キッチリと定点を保持してくれるので、自分の好きな画角で撮影することができます。

また、地上に対して下方に検知システムを搭載しており、0.5~10 mの動作範囲で地表を検知することができ、スムーズな離着陸を実現しています。

まとめ

このように「Mavic Mini」は単に小型のドローンというだけでなく、DJIのテクノロジーが集結した非常にハイスペックの空撮ドローンであると言えます。しかもこれだけ高性能な機体が5~6万円で購入できるというのも驚異的。この価格を提示できるところがDJIの強みではないでしょうか。

まだまだ品薄感もある「Mavic Mini」。本格的な空撮を楽しみたいと思っている人はぜひこの機体でその夢を実現してもらいたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。