ここまで進化してきた! 最新測量用ドローン特集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

数多くの領域でドローンが活躍するようになって久しい昨今。ドローンは人間の手でおこなってきたことを代わりにおこなってくれるだけでなく、リスクを軽減したり、より効率的に作業をおこなうことで、時間の短縮や仕事の効率化に貢献してくれています。

そんな産業用ドローンの中でも大きな注目を集めているのが測量用ドローンです。従来は人間の手でやっていた測量業務を、ドローンはいとも簡単に、そしてより正確におこなってくれるようになってきました。最近の測量用ドローンはいったいどこが凄いのか。今回は最注目の測量用ドローンについて見ていきたいと思います。

なぜ測量用ドローンが注目されるのか?

現在、大きな注目を集める測量用ドローンですが、その理由として、国土交通省が推進するi-Constructionがあります。このi-Constructionは、これまで土木施工をおこなう際にやっていた人間の手による測量やカンに頼った重機による施工ではなく、ドローンを使った空撮での測量とそこで得た数値から起こした3Dデータを元に、最新技術を搭載したICT建機にデータをインプットして施工をおこない、終了後は再びドローンを飛ばしてきちんと計画通りに施工が終わったかを空から確認します。このように、i-Constructionでは一連の施工をドローンで取得した3Dデータを活用して進めることとなっており、そのベースとなるデータを取得するために、i-Constructionにおいてドローンは非常に重要な役割を担っているようになります。

最新測量用ドローンに搭載されているテクノロジー

ひとくちに測量用ドローンといっても完全にフルスクラッチで制作したドローンから、汎用的なDJIの機体までドローンの機体そのものはさまざまなタイプがあります。

最近ではcm単位での撮影をおこなうため、RTKシステムを機体に搭載したドローンも登場しています。DJI「Phantom4 RTK」はまさにこのシステムを搭載した最新機で、RTKを利用して機体が飛行している最中でも自分の位置を想定し、正確な位置で撮影した画像に情報を付け加えておくことができます。

ドローンで測量をおこなうメリット

ドローンで測量をおこなう一番のメリットは生産性の向上でしょう。従来のように人の手でひとつひとつ作業をおこなうようではリソースを大きくそちらに向ける必要があるだけでなく、その正確性もベテランのカンに頼っていた部分がありました。しかし、ドローンを使った空撮ならば、非常に正確に、そして短期間、短納期でも対応することができます。

また、ドローン特有の特徴である「人間が近寄れないところへ簡単に近づくことができる」というのも大きなメリットです。自然災害に起きた際に、すぐに出動し、土砂崩れや雪崩が起きた現場へ飛んでいき、どのくらいの被害なのかを確認するというドローンのタスクは、非常に重要なものではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?測量用ドローンは、時代のトレンドとニーズにうまく乗った形で産業用ドローンの中でも大きな注目を集めるようになりました。そして、機体の開発も進み、農業分野と並んで次々と最新機が登場する領域となっています。今後もこの測量領域のドローンから目が離せないのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。