DJIの新型精密農業・土地管理用ドローン「P4 MULTISPECTRAL」誕生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界のドローンシーンをリードするDJIは、9月25日に新型の産業用ドローン「P4 MULTISPECTRAL」を発表しました。「PHANTOM4 Pro」をベースに開発されたこの機体について、早速お届けしたいと思います。

「P4 MULTISPECTRAL」とは?

今回発表された「P4 MULTISPECTRAL」は、世界初の完全統合型マルチスペクトルイメージドローンと題し、次世代の農業を担う機体として開発されたドローンです。

この「P4 MULTISPECTRAL」には6つの個別センサーが搭載されており、そのセンサーから取得したデータを組み合わせて、圃場全域の作物の生育状況を調べることができるだけでなく、雑草や害虫被害、土壌の状態なども測定できるハイスペックな機体となっています。

つまり、この「P4 MULTISPECTRAL」を導入することでこれまでのように、人の手作業による作物のモニタリングをおこなう必要がなく、正確な情報を圧倒的な効率で収集して管理できるという強みを持っています。農業における作業の効率化を促進することができる、費用対効果の高いドローンとして、今後注目を浴びることでしょう。

「P4 MULTISPECTRAL」の特徴は?

「P4 MULTISPECTRAL」にはRGBカメラ1台とブルー、グリーン、レッド、レッドエッジ、近赤外線の5種類の狭帯域センサーを搭載したマルチスペクトルカメラアレイで構成されるジンバル安定化画像システムが搭載されています。このシステムによって、可視光や不可視光を捉え、取得したデータから作物のストレス状態や土壌組成、水中塩分などを測定することができるようになっています。

また、機体の上部には統合型日照センサーも搭載されており、これによって1日の異なる時間帯に飛行するミッションの際のデータ収集の精度と一貫性の最大化を実現しています。この情報を後処理データと組み合わせることで、最も正確なNDVI測定結果を生成することを実現しています。

もちろん、DJIがこれまでの産業用ドローンで開発してきたアプリケーションとの連携も考えられており、「P4 MULTISPECTRAL」の場合は「DJI GS Pro」とシームレスに統合され、事前にフライトプランを作成し、オペレーターはRGBカメラのリアルタイム動画表示と正規化差植生指数(NDVI)出力を切り替えながら圃場ですぐに洞察データを確認することも可能です。

また、一体型のRTK測位モジュールとTimeSyncシステムも搭載されていますので、画像データ1枚1枚の正確な測位データをリアルタイムで取得することが可能で、cm単位の写真測量結果を提供することができます。

農業に革命を起こす「P4 MULTISPECTRAL」

この「P4 MULTISPECTRAL」の登場によって、農業におけるドローンの活用は新しい

時代に突入していくのではないでしょうか。農業は今後、担い手の不足もあり大区画化が進んでいくと言われております。そういった際に、より効率良く、そして生産性向上を図ろうとした際に「P4 MULTISPECTRAL」のようなツールは非常に有効に働くことでしょう。

精密農業と環境モニタリングという2つの分野において、今後の「P4 MULTISPECTRAL」の活躍が楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。