測量領域におけるドローンの可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドローンがさまざまな産業で利用されるようになってきた昨今、その中でも特に熱い視線を集めているのが測量領域におけるドローンの活用です。ドローンによる測量は日に日に進化しており、最新のテクノロジーを駆使した機体も次々と開発されている状況です。今回はそんな測量領域におけるドローンの可能性について考えていきたいと思います。

ドローンを使った測量のメリットは?

2010年代初頭に、いわゆる「マルチコプター」と呼ばれていたドローンは、その後10年であっという間に劇的な進化を遂げていき、現在では空撮だけでなく、農業やインフラ点検、鳥獣対策、災害対策、物流などその活躍の場は多岐に渡っています。

そんな中、ドローンを使った測量が注目を集めるようになったのが、国土交通省が推進するi-Constructionという施策です。これは、土木施工をICTを活用してよりスマートに、効率良くおこなっていくためのもので、これまでの土木施工とは一線を画したものとなっています。

このi-Constructionの中でドローンが担う役割は非常に大きいものがあります。というのも、i-Constructionにおいてドローンで空から測量をおこなった3次元データを活用し、あらゆるプロセスを完成させていくからです。

それまで、土木施工における測量は地上で人間の手でおこなうか、軽飛行機を使って高高度から測量をおこなっていました。しかし、人間の手では非効率ですし、危険な場所での測量業務はリスクを伴います。一方、軽飛行機では高度が高すぎて精密なデータを取得することが難しく、さらに実際に飛行機を飛ばすのでコストもかかります。

その両者の良いところだけを取り出したのがドローンによる測量です。ドローンならば低い高度から測量をおこなうことができますし、危険な場所でもまったく問題なく近づくことが可能です。また、上空から俯瞰して測量をおこなうことができるので、地上で人間の手でおこなうよりも非常に効率よくおこなうことができます。また、後述しますが精密さにおいてもRTKのようなシステムをドローン自体に搭載することができるようになってきましたので、非常に高い精度のデータを取得することができるようになりました。

このように、ドローンによる測量は従来の方法の良いところ取りといった感じで、測量用の機体が次々と開発されていることもあり、その進化のスピードは凄まじいものがあります。

最新の測量用ドローンとは?

そんな測量用ドローンですが、最近ではさまざまなテクノロジーを搭載したオリジナリティ溢れる機体が多く登場するようになりました。

まずなんといっても、機体にRTKシステムを搭載したドローンの登場でしょう。これにより、リアルタイムで自己位置のデータを取得しながら測量をおこなうことが可能となり、取得するデータの精度の高さや作業の効率アップに大きく貢献しています。

同様に自己位置データの取得としては地上に設置したモバイルステーションと機体に搭載さしたプリズムを常に結ぶことで位置を特定しながら測量する機体も登場しています。

また、測量する場所が樹木等で覆われていることも考えられます。そんな時は、レーザースキャナーを搭載したドローンの登場です。上空からレーザーを照射して地表面にあてることで、樹木等で地表が見えないところでも測量をおこなうことができるようになっています。重いレーザースキャナーを搭載することができるほどペイロードのある機体が開発されるようになり、さまざまな機材を搭載して飛行することができるようなったおかげで、こういった測量もドローンでできるようになりました。

まとめ

このように、ドローンでの測量はまさに始まったばかりで、これから多くの課題に直面しながらも機体とアプリケーションの進化によってクリアにしていき、最終的には日本で行われる土木施工はすべてドローンによる測量を伴ったものになっていくことでしょう。

多くの産業領域において、ドローンは有用なソリューションとして認められ始めてきましたが、この測量領域においてはドローンは既に切っても切れない必須のものとなってきています。測量現場でのドローンの今後の活躍に期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。