空だけじゃない!水中ドローンとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

操縦士の小山です。

ドローン業界の盛り上がりは衰えを知らず、過熱の一方ですね。
大手企業もドローン業界へ参入しており、今後もますます過熱していきそうです。

ドローンと聞けば、みなさん創造するのは空をふわふわと飛ぶ独特のフォルムの機体を連想するのではと思います。

しかし、ドローンには水中ドローンと呼ばれる機体があり、これはあまり知られておりません。
今回はそんな水中ドローンとは?について見ていきたいと思います。

そもそも水中ドローンとは?

水中ドローン
読み方:すいちゅうドローン
別名:潜水ドローン
【英】underwater drone

水中ドローンとは、潜水用のドローンの通称である。主に小型の無人機で、遠隔操作により操れる。
海底の状況を調査したり撮影したり、人が容易には入れない狭隘な洞窟や重油が流出している
恐れのある海域を調査したりといった場合にも、より手軽に調査・観測を行えるようになる。

引用:https://www.weblio.jp/content/水中ドローン

空ではなく水中でという事ですね。

ドローンの特性として、人が入れない場所の状況を把握する事が挙げられますが、それの水中Verです。

また、ホビーでは釣りなどで魚探変わりにしたり、光を出して魚を集めたりとしても使用されます。

もともとROV(Remotely Operated Vehicle)と呼ばれておりましたが、ドローンが登場し、用途が似ている事から水中ドローンと呼ばれる事が増えました。

水中ドローンと飛行ドローンの違い

・形状

PowerVision 水中ドローン PowerRay Wizard

画像引用:http://www.powervision.me/jp/product/ray

上の写真は水中ドローンでメジャーな「Power Ray」です。
当然ですが空を飛ぶのではなく水中を泳ぐため見た目から全く違います。

仕様用途としては護岸工事、発電施設、大型プラント、水中生物撮影、造船、漁業、養殖、ダイビング支援、救難救援などに使用されています。

・使用方法

ドローンの操縦はプロポを使ったラジコン操縦とプログラムによる自動航行です。

水中ドローンでは基本的にラジコン操縦になります。
その理由としては、まず水中では無線が届きにくいため有線での伝達になります。
また、ケーブルがあるため取り回しにも制限が掛かるのでラジコン操縦になっています。

上記の二点の違いから飛行ドローンの方が取り回しは簡単で扱いやすいですが、ロストや墜落の恐れがあります。

水中ドローンは有線のためロストすることはなく、水中ですので墜落の危険は回避することが出来ます。

水中ドローンの今後

水中ドローンの活躍としては水中での動画撮影がメインです。

産業に応用されるにはもう少し時間が掛かってくると思われます。
まさにこれからの商材と言えます。

私は土木関係の仕事をしておりますが、陸上だけでなく海上工事でも国交省からガイドラインが新たに出おり、内容的には陸上の後を追う形に近いものです。

引用:本間組のICT活用論文より

3Dソナーを使用した三次元データの活用と、水中可視化という二点が非常に重要だと思われます。

実際ROVは私も活用している現場を見たことがあります。
また、飛行ドローンでも水を透過したレーザー測量というのも出てきております。

飛行ドローンもまだまだ発展途上ではありますが、水中ドローンの今後も非常に期待が持てそうです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。